買ってくれるお客様を探す

この記事をシェアする

車を買ってくれるお客様を探そう

前のページでは、中古車売買に必要な許可についてと、中古車の仕入れ方についてご紹介させていただきました。

次は、いよいよ買ってくれるお客様を探すときです。
今までまったく知らなかった国のお客様が、自分の仕入れた車に興味を持ってくれるかもしれない…想像しただけでも、わくわくしてくることですよね。

仕入れた中古車を売る際には、インターネット上の中古車売買仲介サイトに掲載する方法がおすすめです。

外国に直接足を運ばなくても、このサイトで外国のお客様にアピールすることで、世界中に販路が広がります。
こうして、日本にいながらにして世界中に中古車を輸出するということが可能になるのです。

なお、国によっては、自分の国に入ってくる車に制限をつけている場合がありますので、注意しましょう。

国ごとに異なる規制に気をつけよう

当たり前のことですが、国によって輸入、輸出に関する法律は異なります。
国によっては、自国に入ってくる車にさまざまな条件を設けている場合があります。

例えば、右ハンドルの車は輸入禁止、という国は多くあります。
日本では右ハンドル(左側通行)が当たり前なのであまり意識されないかもしれませんが、左ハンドル(右側通行)の国で『右ハンドルの車は輸入禁止』というのは、よく考えてみれば当たり前のことなのかもしれません。

日本ではときおり左ハンドルの車も走っていますが、あまり見かける機会はありませんよね。

また、そもそも中古車の輸入自体が禁止されている国もあります。
「中古車の輸出でがっつり稼ごう!」と意気込んでいる方にとっては残念に思われるかも知れませんが、それぞれの国の産業を守るため、輸入に制限をつけている国は多いのです。